ブックス

ブックスBOOKS

著書

著書-日本語JAPANESE BOOK

  • 都知事失格
  • かつて「一世を風靡した」舛添要一が、落ちぶれてライオンに食われかけている。こんなに面白い見世物はない。

    都職員、都庁記者、国会議員、都議、右翼、左翼、カジノ推進派、石原シンパなど雑多な人たちがライオンをけしかけた――本文より

    <目次>
    はじめに
    第1章 誰が私を刺したのか
    第2章 都庁は「不思議の国」だった
    第3章 韓国訪問とヘイトスピーチ
    第4章 ファーストクラスは「悪」なのか
    第5章 五輪と敗戦
    第6章 見果てぬ東京
    第7章 小池知事へ ――カジノ・豊洲・広尾病院
    おわりに

    購入はこちら(紙の本)
    購入はこちら(電子書籍)

    試し読みはこちら

  • 小学館[2017]

  • 母と子は必ず、わかり合える-遠距離介護5年間の真実
  • 私が「世界最高福祉都市」を目指す原点がここにあります。
    ・人生の羅針盤となった母の教え
    ・介護がきっかけで家族崩壊
    ・介護は体力勝負ではなく神経戦
    ・崩壊寸前の産婦人科医療の課題
    ・認知症の悲しみ
    ・施設介護を主に、家族介護は従に
    ・老人の奪い合いになる財産管理
    ・延命治療を拒否した理由
    ・介護・葬式・お墓の心配の中身
    ・「東京を変え、日本を変える」
    購入はこちら

  • 講談社[2014]

  • 東京を変える、日本が変わる
  • 東京が変われば日本が変わる。
    東京が、日本変革の先兵となり、起爆剤となる。
    東京の未来は、日本の明るい未来だ。

    都政への基本姿勢から、介護・社会保障、防災、エネルギー問題、東京オリンピック・パラリンピックと都市計画、都市外交まで、都知事・舛添要一の政治理念と具体的政策、さらに人生の原点がつまびらかとなる1冊!

  • 実業之日本[2014]

  • 憲法改正のオモテとウラ
  • 憲法改正とは「政治」そのものである

    参議院の圧力、省庁の縄張り争い、
    政官業癒着勢力の暗躍……。

    小泉政権時に「新憲法起草委員会」事務局次長を務めた
    著者がはじめて明かす、改正議論の舞台裏。

  • 講談社[2014]

  • 日本政府のメルトダウン
  • 大臣経験者しか知り得ない驚愕の事実!!
    「この国はあと2年で破綻する」
    家族と財産を守るため、全日本人必読の書!

  • 講談社[2011]

  • 孫文
  • 革命の条件とは!? 辛亥革命100周年
    現役政治家が問う異色の研究書

    膨大な研究書を分析して明かされる孫文の実像!

  • 角川書店[2011]

  • よくわかる政治
  • 世の中をよくするために、最も大切なのは人。つまり、君たちです。

  • 講談社[2010]

  • 日本新生計画
  • ゼロから日本を創る僕のやり方

    国会議員を半減し、議員は電車通勤する日本に!

  • 講談社[2010]

  • 厚生労働省戦記
  • 今、舵取りを間違えば、この国は滅びに向かう。
    消えた年金、後期高齢者医療制度、産科たらいまわし、薬害肝炎訴訟、新型インフルエンザ、ハケン切り・・・・。
    民主党では対応できない。
    舛添要一が大臣として政官業の癒着と格闘した752日間の全記録

  • 中央公論新社[2010]

  • 舛添メモ
  • 3人の総理に仕えた男の全記録

  • 小学館[2009]

  • 内閣総理大臣-その力量と資質の見極め方
  • 「政治とは何か」を問う先には、今の日本が必要とする政治と政治家の在り方という答えが自ずから浮かび上がってくるからである。これは、参議院議員であり政治学者である私、つまり政治の実践と理論の構築という二つの方法論をもって生きる私の政治論である。

  • 角川oneテーマ21[2002]

  • 日本脳内開国
  • 国家百年の大計をみんなで考えなくてはいけない時期が来ている

    目覚めよ日本国民!!
    ニッポンの直面している問題と解決方法がおもしろいほどわかる!

  • リヨン社[2002]

  • 構造改革で得する人、損する人
  • 僕が政治家になってわかったこと。2002年のくらし何がどう変わる?
    小泉さんの邪魔をする抵抗勢力の正体とは?

  • 幻冬舎 [2002]

  • 痴呆の母を看取って
  • 母、舛添ユキノは、2000年秋に静かに息を引き取りました・・。
    気持ちの整理がついた今、介護の日々を振り返ってみようと思います。

  • 佼成出版社 [2001]

  • 「新しい戦争」と日本の貢献
  • 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロを境に、「新しい戦争」が始まり、世界の枠組みが変わった。日本政府はそのことを理解し、変化に対応できるのか。

  • 小学館文庫 [2001]

  • 舛添要一のおもしろ国際政治学講座 映画で学ぶアメリカ大統領
  • アメリカ映画には「大統領もの」が多い。日本映画で、内閣総理大臣が主役の映画など考えられない、それだけ彼我のトップリーダーの資質が異なるのだろう。あるいは、権力者をネタにして、徹底的に揶揄するジャーナリズムがアメリカには健在なのかもしれない。そうした映画には大統領を取り巻く環境について、政治や歴史の分厚い解説書を読まなくても映画を楽しみながら触れることができます。

  • スクリーンプレイ出版 [2000]

  • 学び心
  • ボキャ貧とは

  • ブレインキャスト [2000]

  • 少子高齢化ニッポン
  • 国による規制・保護、経営資源の保有、高齢者の居場所のない社会・・
    という従来のパラダイムから
    自由競争、持たざる経営、バリアフリーのまちづくり・・
    といった新しいパラダイムへ。
    いかにシフトできるかが、21世紀の日本を決定する。

  • PHP研究所 [1999]

  • 戦後日本の幻影<オウム真理教>
  • 「戦後民主主義」が生み落とした「蛇の卵」が、戦後50年に孵化し、毒蛇となったのがオウム真理教である。 この狂気の集団を語ることは、日本の戦後50年の歩みが積み重ねてきた病理を白日の下に明らかにすることである。 その病いがいかに深刻であるかを理解するためには、たとえ醜悪であっても、その実態を直視するほかはないのである。

  • 現代書林 [1995]

  • 舛添要一の競馬改国論
  • 「高まるばかりの競馬人気。しかし、中央と地方の格差や国際交流の
    問題など、このままでは競馬界の衰退につながる様々な問題がある・・」

  • サンドケー出版局 [1995]

  • 国連とはなんだ!
  • あなたは国連のことをどれだけ知っていますか?

  • サンドケー出版局 [1995]

  • 政界大再編
  • 体験に裏づけられた上達への近道

  • サンドケー出版局 [1995]

  • 舛添要一のこれが世界の読み方だ
  • 新しいナショナリズムの世紀が始まる
    続発する民族問題、急増する難民、湾岸後の中東とアジアの行方、
    スーパーパワーECの戦略、そして、大国・日本の選択とは

  • PHP研究所 [1991]

  • 日本人のための幸福論
  • 国際化の波にさらされ、山積する内政問題をまえに
    たじろぐ日本人のために!

  • 講談社 [1988]

  • 赤いバラは咲いたか
  • 社会党大統領ミッテランはフランスをどのように変えたか
    そのプラスとマイナスを鮮やかに解明

  • 弘文堂 [1983]

著書英語

著書-英語ENGLISH BOOK

  • Technology Transfer and Technical Cooperation in Regional Development: Increasing Japan’s Role
  • in Robert A. Scalapino, ed., Economic Development in the Asia-Pacific Region: Appropriate Roles for Japan and the United States, Institute of East Asian Studies. University of California. Berkeley. 1986. pp. 68-82

  • Japan’s Defense Posture: Toward A Close Cooperation with the United States
  • “Japan’s Defense Posture: Toward A Close Cooperation with the United States” in Claude A. Buss, ed., National Security Interests in The Pasific Basin, Hoover Institution Press, Stanford University, Stanford, California, 1985, pp. 60-70 

  • The Soviet perception of security: Some changes in foreign policy?
  • “The Soviet perception of security: Some changes in foreign policy?”, The Proceedings of The Department of Social Sciences, No. 30, College of General Education, University of Tokyo, Tokyo, 20 August 1980, pp. 227-251

  • Security and Coercion-Foreign Policy of Aristide Briand in 1921 and 1922 with Special Reference to His Politics toward Germany
  • “Security and Coercion-Foreign Policy of Aristide Briand in 1921 and 1922 with Special Reference to His Politics toward Germany”, Comparative Studies of Culture, No. 16, College oF General Education, University of Tokyo, Tokyo, 1977, pp. 29-40 

著書フランス語

著書-フランス語FRENCH BOOK

  • La politique exterieure japonaise et les contraintes internes
  • “La politique exterieure japonaise et les contraintes internes”, Politique etrangere, 1/85, Institut francais des relations internationales, Paris, Printemps 1985, pp. 85-95

  • GEOPOLIUIQUE
  • “Le Jason face `å ses responsibilités mondiales”,GEOPOLITIQUE,REVUE DE L’INSTITUT INTERNATIONAL DE GÉOPLITIQUE HIVER 1987-1988,pp.18-25

  • La Documentation Francaise
  • La Documentation Francaise, Paris, Avril 1984, pp. 3-165 

  • Homogeneite et Heterogeneite: Introduction aux etudes comparatives du Japon et de la Suisse
  • “Homogeneite et Heterogeneite: Introduction aux etudes comparatives du Japon et de la Suisse”, Comprative Studies of Culture, No. 17, College of General Education, University of Tokyo, Tokyo, 1978, pp. 1-27

著書中国語

著書-中国語CHINESE BOOK

  • 孫文~領収的資質【2012】

編著書

編著書HENCHO

  • 日本経済復活へのファイナルアンサー
  • 政府が打ち出した「総合デフレ対策」には、この国を救う処方箋があるのか。グローバル経済の荒波の中で日本が生き残り、日本人が幸せになる道はあるのか。

  • 廣済堂出版[2002]

  • 会社へ そして上司へ
  • ビジネスマン&ウーマンのひと言
    言ったけど聞いてもらえなかった言いたくても言えなかった

  • ワニブックス [1994] / 監修

  • 十年後の衝撃
  • 気鋭の若手研究集団が霧の中の21世紀を読み解く

  • PHP研究所 [1992] / 編著

  • 舛添要一の先見対談
  • 経済・景気・PkO・政治改革・新政党・企業ビジネス・コンピュータ・
    香港返還・地球環境・日本映画・・

  • フットワーク出版 [1992]

訳書

訳書TRANSLATIONS

  • 民主主義の終わり
  • 国民国家は消滅する。そのとき何が起こるか。
    従来の政治はなくなり、やがてアジア的な「帝国」が
    西欧近代国家にとってかわる。

  • 講談社 [1994] / 訳

  • 和解 中東和平の裏舞台
  • キャンプデービットで、中東和平交渉が進んでいます。
    この背景を知るためには不可欠の本です。

  • 飛鳥新社[1993] / 訳

  • サダム・フセイン
  • 日本が世界に恥をさらす原因になった男、フセインと湾岸危機に迫る
    第一級のレポート

  • 飛鳥新社 [1990] / 訳

  • 危険な依存
  • アメリカを脅かす日本!
    日米両国民に求められているもの

  • 騎虎書房 [1990] / 監訳

解説

解説COMMENTARY

  • 田原総一朗著「新・日本の官僚」
  • 今や日本は自前で先端技術の開発に取組まねばならなくなったが、その主管をめぐって霞が関の主導権争いは熾烈だ・・・

  • 文春文庫 [1988]